« シルエットアート | トップページ | 6月1日庭の様子 »

2012年5月31日 (木)

博物館めぐり

今日は友人と上野の国立科学博物館「インカの帝国展」東京国立博物館平成館「ボストン美術館・日本美術の至宝」を見に行ってきました。
531_7

531_8


上野の駅に着くや凄い人出、学生初め、おじさんおばさん小学生までぞろぞろ歩いていました。
インカ帝国展は、マチュピチュの模型、3D映像でちょっと旅行気分味わえました。
ボストン美術館展では、いまさらながら日本の美術品がこんなにも海を渡てたことにびっくりしました。
531_3


531_4

国立博物館前にそびえたつ「ユリノキ」と「ユリノキの花」この花は始めて見ました。

531_5

博物館の隙間から見えた「東京スカイツリー」

531_6

博物館行く途中の噴水、今日は暑かったので人々が涼んでいました。

531dsc02991


531dsc02993


531dsc02997


531dsc02999


531dsc03001

噴水広場で「皐月展」が開催されていました。どれもこれも綺麗だったですよ。

|

« シルエットアート | トップページ | 6月1日庭の様子 »

コメント

東京は歩くと色々なところがありますね。
私など上京するたびに上野に足を向けますが、
何か催しがあるときの混雑ぶりにはいつも驚かされます。
憧れのインカですから私も行きたいです。
またボストン美術館に所蔵されている日本の宝もの。
二束三文で失ったものや、没収されたものなど惜しいですね。
特に「吉備大臣入唐絵巻」などは悔しい限り~!

投稿: ぴろまり | 2012年6月 1日 (金) 19時47分

ぴろまりさんへ
八王子から久々に都心に出掛けると人込みに圧倒されます。10数年前まで住んでいたのですがね。
上野は見るところがいっぱいあり、楽しいですよ、大勢集まるので人間ウォチングも楽しいですよ。

投稿: s-hiro | 2012年6月 1日 (金) 21時48分

ユリの木は、アメリカではチューリップツリーと言います。
花の形の捉え方で名前が違って来るのが面白いです。

投稿: 谷間のゆり | 2012年6月 4日 (月) 17時27分

谷間のゆりさんへ
ユリノキがチューリップtリーと呼ばれるんですか。デジカメでズームにしてやっと写しましたが、花をもっと近くで見たかったです。今度出掛ける時は、デジカメはもちろん双眼鏡もいるかしらね。

投稿: s-hiro | 2012年6月 4日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博物館めぐり:

« シルエットアート | トップページ | 6月1日庭の様子 »