« 東京国際キルトフェスティバル | トップページ | 朝の冷え込み »

2011年1月24日 (月)

雪うさぎ

昨夜雪のマークがついていましたが、雨がちらついた程度、どこもかしこもカラカラです。
今日は介護施設での押し花の日、みなさん元気でこられていました。着くなり「押し花に人だ」と声をかけてくれました。今日の押し花は、「ゆきうさぎ」を表現してみました。胴体は、シルバーポプラ、耳はアリッサムの葉、目は柿の皮です。耳の付き方、目の位置で表情が違ってくるので楽しかったです。

124

帰り際「また来てくださいね」の声、うれしいですね

|

« 東京国際キルトフェスティバル | トップページ | 朝の冷え込み »

コメント

驚きました。本当に目や耳の置く位置の微妙な違いが
がらりと雰囲気を変えるなんて~!
押し花の先生と生徒さん達との呼吸もぴったりのようですね。
待っていてくれる生徒さんがいると先生としては嬉しいと思います。
それにしても材料に柿の皮などもあるとは~!
何でも捨てないで保存しておくことも大切ということでしょうか。

投稿: ぴろまり | 2011年1月25日 (火) 21時04分

ぴろまりさんへ
押し花は全く同じもおが出来ないのが面白いです。花が同じのがないからなんですが、時々「葉っぱの大きさ違う」と言われることもありますが、「同じに咲いてはくれないのよね」と伝えます。同じでないから面白いとも付け加えます。
柿の皮だけではありませんキャベツの外側の葉、ニンジンの皮、大根の皮、長ネギの皮など捨ててしまうような野菜も押して大体風景画に使います。キャベツやレタスの葉は、山に見立てたりするんですよ。あおくび大根の皮で作ったコンポートは素敵でした。(どこかにしまいこんでしまってまだ使ってないのですがね)

投稿: s-hiro | 2011年1月25日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪うさぎ:

« 東京国際キルトフェスティバル | トップページ | 朝の冷え込み »