« カナダ旅行1日目 | トップページ | 秋色 »

2009年10月31日 (土)

六本木

昨日は、兄からの情報で三軒茶屋の昭和女子大学の博物館に「姿を変えた着物たち」、六本木サントリー美術館「美し(うるわし)の和紙」に行ってきました。
「姿・・・」は笹岡洋一氏が長年にわたって着物の布・裂を利用して家族の着物、小間物などを再生した品々が展示されていました。(会場に入ってすぐ兄が来て展示品を説明してくれました)
バスで渋谷に出て新宿に向かう山手線で、「山手線命名100周年記念」の車両を見ることができました。

Ca390034

Ca390035

チョコレート色の車体には、チョコレートが描かれていた。

Ca390036


Ca390037


Ca390038


Ca390039


地下鉄「六本木」駅で降りたのは良いのですが、美術館が見つからず、交番で尋ね、探しているとき大きな椅子が

Ca390040

やっと入り口を見つけ、サントリー美術館へ

「サントリー美術館では「うるわしの和紙・天平の昔から未来へ」展を開催されていました。

Ca390041

観賞後外に出ると、いろいろのオブジェがありました。

Ca390042

高いビルに囲まれてる六本木、久々に見る高~いビル

早朝のウォーキングを含め18000歩歩き久々の人ゴミとで、さすがくたびれました。(*´д`*)ハァハァ

|

« カナダ旅行1日目 | トップページ | 秋色 »

コメント

六本木~!さすが都会的な快い響きですね。
一方、三軒茶屋などと昔からの地名をそのまま残すなど、
東京は粋な大都会を思わせますね。
ところで歩きましたね。18000歩とは~!
私などとても真似の出来ない歩数です。
hiroさんのエネルギッシュな行動に脱帽です。
また芸術の秋に相応しく、各所での展示会はさぞ見応えがあったことでしょう。お姉さまもアップされていましたが、東京は多方面にわたる催し物があるのですね。
つくづく羨ましいと感じ入りました。

投稿: ぴろまり | 2009年11月 2日 (月) 05時33分

ぴろまりさんへ
東京は確かに何かにつけて恵まれているのですが、八王子からだと結構時間かかり、気合い入れて出掛けます。今回も一人で開場とともに入る予定で出掛けたのですが、井の頭線が人身事故で遠回りしたので小一時間以上くるってしまい、六本木ぶらつく時間が短くなってしまいガッカリしたんです。もしかしたら2万歩になっていたかもしれないで~す。

投稿: s-hiro | 2009年11月 2日 (月) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六本木:

« カナダ旅行1日目 | トップページ | 秋色 »