« 木のバック?・・・木工作品 | トップページ | は~るよ来い、は~やく来い »

2009年2月 7日 (土)

陶芸作品

庭師、大工兼陶芸家?の主人が、3月に国立での販売に向け作った陶芸作品です。
数年前は、釉薬がけでしたが、今絵付けに凝ってます。
Cimg42052_2


蓋物・・・キャンデー入れでも、梅干入れでも使えます。

Cimg42082_2


角皿・・・盛り皿に使いやすい大きさです。


|

« 木のバック?・・・木工作品 | トップページ | は~るよ来い、は~やく来い »

コメント

才能豊かなご主人は今どき貴重な存在ですね
陶芸と言っても絵付けにも意欲を持たれるとは絵心も必要
神様は不公平ですね。
このような才能のかたまりのような人間をお作りになるなんて

投稿: ぴろまり | 2009年2月 8日 (日) 22時24分

ぴろまりさんへ
才能があるのではなく、問屋業のクセで、数をこなしているのでどうにか売り物になってきたかな?と私は思ってます。何しろ、陶芸窯10年で買い換えるほど作ってしまうのです。(途中で修理もしました)プロ並みの使い方と言われました。今日も植木鉢を作っていますが、20個くらいは出来てるのでは!「じっくり丁寧に作って」と声かけてきました。ヽ(*≧ε≦*)φ

投稿: s-hiro | 2009年2月 9日 (月) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸作品:

« 木のバック?・・・木工作品 | トップページ | は~るよ来い、は~やく来い »