« 花・・・青空に向かって | トップページ | 川原でみっけ!! »

2008年10月19日 (日)

秋見っけ・・・北浅川にて

近くの川に心地よい風を受けながら散歩中見つけた「小さな秋」

Cimg3190

柿ではありません・・・「カラスウリ」が赤くなっていました。

Cimg3188

青空と木の葉・・・虫食いの桜の葉が紅葉する前に風に吹かれ散ってしまいそう

|

« 花・・・青空に向かって | トップページ | 川原でみっけ!! »

コメント

このカラスウリも北海道では見られないですね
この赤い実は食べられるのでしょうか。
また、賢治の「銀河鉄道の夜」の一節に、確かこのカラスウリの
登場があったと思いましたが・・・

↓のチュウレンジバチによる被害の葉、
これは小さな幼虫の仕業です。親は一度に卵を沢山産みつけ
それらが幼虫となって大名行列のように連なり葉を一網打尽に喰い尽すのです。
ですから、この親は確実に捕獲しなければ大変なことに~!

投稿: ぴろまり | 2008年10月19日 (日) 23時16分

ぴろまりさんへ
ここらでは、普通に見られる植物も、北海道では見られない植物って結構あるんですね。それだけ自然環境が厳しいのですね。その北海道で、あれだけのバラを育ててるぴろまりさん、すごい
バラの咲いてたお家の方虫の事知ってると言いのですがね!!

投稿: hiro | 2008年10月20日 (月) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋見っけ・・・北浅川にて:

« 花・・・青空に向かって | トップページ | 川原でみっけ!! »